土日祝でもスムーズに借りられるカードローン!口コミで人気をピックアップ!

土日祝でもスムーズに借りられるカードローン!口コミで人気をピックアップ!

土日祝でも借りられる?

カードローン、これまで契約しているという人は分かっていると思いますが、土日祝日はやや使い勝手が悪いところが多いようです。
銀行でも消費者金融でもこの傾向が見られると思います。もしくは、土日祝日は借り入れはできるけれど、制限されることが多いということもあります。
利用者側としては今後改善して欲しい点ですよね。

 

今回はお金を借りるというとき、土日祝日でも借りることができるという銀行や消費者金融を集めてみました。
はじめてで土日祝日OKというところという意味です。
イメージ的には、消費者金融しかないのでは?と思ってしまいますが、実際はそのようなことはありません。
銀行でもはじめての人で土日祝日でも借りられるようにしているところもあるのです。

 

このほか、はじめての借り入れの審査で大事なこと、必要なもの、審査にとおるコツもまとめています。
後半部分では、はじめての人でも土日祝日借り入れができるという銀行や消費者金融を紹介しているので、いざというときの参考にしてください。
中には少し条件があるという場合もあります。お住いの地域によっては、それら条件が難しいという場合も中にはありますのでご了承ください。

審査に必要なもの

銀行や消費者金融の借り入れの審査に必要なものを紹介しましょう。
基本的に、インターネットでの申し込みや審査を中心に紹介していきます。

 

身分証明書

身分証明書はかならず必要です。これは銀行でも消費者金融でも変わりはありません。
当然のことですよね、インターネットを通じて申し込みや審査をするわけですから、どこの誰だか分からない人にお金を貸すわけがありません。
このときの身分証明書として、運転免許証が一番効力あると言われています。運転免許証であれば、顔写真も入っていますし、住所や生年月日、本籍地も入っていたりします。
また、運転免許証は公的な身分証明書の中で一番効力があるというのはどこの銀行でも消費者金融でも同じと言えます。

 

最近は若者の車離れなどがあり、運転免許証を持っていないという人も増えています。
この場合は、健康保険証、パスポート、住基カードなどが利用可能です。記載されている住所と実際に住んでいる住所が違うという場合は、住民票の提出を促されることもあります。

 

収入証明書類

収入証明書類は借入金の額によって提出を促されるものです。一般的に消費者金融では50万円を超える場合はそうですし、銀行の場合は200万円とか300万円以上というのがひとつのラインとして設定してあります。
確定申告書、源泉徴収票、これらの最新のもの。給与証明書(月給の2ヶ月分+賞与)などの提出が求められます。

審査にとおるための心得

審査にとおるためにはいくつかの心得があります。はじめての人は特に注意したいこと、知らなかったことだと思うので参考にしてください。

 

申し込みは1社だけにしましょう

「あちこちに審査の申込をすれば、どこかにはとおるのでは?」そう考えてしまうのも無理はありません。
しかし、これは間違いです。
私たちがどこかの銀行や消費者金融に借り入れの申込をすると、それらの情報は金融機関で共有されているので、あちこちに申し込みをすれば確実にバレてしまいます。
また、あちこちに少額の申込をすれば多くのお金を借りられると考えている人もいますがそのようなことはありません。

 

電話での申し込みや対応では誠実丁寧を心がけましょう

インターネットで申し込みをした後に、電話をすることで即日融資を確実にできるという消費者金融もありますし、問い合わせなどで電話がかかってくることもあるでしょう。
そのようなときの対応は思いのほか大事です。しっかりと対応するようにしましょう。
はっきりした言葉使い、丁寧で誠実な人柄はよい印象になります。

 

ウソの申告をしてはいけません

審査に落ちるからと言ってウソの申告をすると、その小さなウソがきっかけで審査に落ちてしまうことがあります。
例えばよくあるのが他社からの借入金です。これは調べれば分かることなので、ウソを書いても意味はありません。

 

消費者金融を上手に利用する

参照サイト

銀行より消費者金融?

はじめての土日祝日の借り入れ・・・この場合、そのハードルが低いのは消費者金融です。
銀行でももちろん、そのような融資に対応しているところもあるのですが、何かしらの条件が付いたりするので居住地によっては難しくなりますし、利用や問い合わせの時間帯も平日と比べて狭まって来るように感じます。いわゆる万人受けはしない借り入れ方法ということなのです。

 

その点、消費者金融は融通が利きやすいということが言えます。
その理由はいくつかあります。

 

  • 対応している時間帯が幅広いので利用しやすい
  • 無人契約機などを利用してカード発行が行える

 

このような理由が主な理由ですが、消費者金融は銀行と比べるとデメリットも存在します。

 

  • 金利が高い

 

これが銀行と比べると大きなデメリットなのです。
消費者金融ははじめての人が少額の借り入れをするときに、年18.0%もしくは17.8%くらいの年利の設定のことが多いのですが、銀行はこの数字が15.0%前後で中には10%以下というところもあります。返済が長期になってしまうとこの金利の差が大きく影響して来ることが確かです。
しかし、早めに返済するつもりの場合はあまり影響がないと思われます。

平日より土日の方がお金が必要なのは当然

職種や生活スタイルはそれぞれ違いますし、それらの多様化は認めますが、それでも私たちの多くが土曜日や日曜日、祝日が仕事休みという場合が多いようです。
仕事の休みには、旅行や食事会、エステ・・・普段できないことをする時間や心の余裕がありますので、同時に私たちはお金が必要になります。
お金に糸目をつけずに何でもできるという人はいいのですが、多くの人はそのようなことはありません。
ですから、私たちは土日祝日にお金が必要になるのです。

 

これが給料前の連休とかは最悪で、休みはあるし、誘われるし、お金がないということになりがち。
特に若い層もしくは独身の人は自由な時間を思い切り楽しみたいのは当たり前のことです。
週末に食事くらいであれば数千円で済みそうですが、それだけで終わるということはなく・・・。
土日祝日休みの人が休日どのようなことにお金を使うのかまとめてみました。

 

  • 外食代、飲み代
  • 美容院、エステ代
  • ショッピング費用
  • ゴルフ代
  • テーマパークへのレジャー代
  • 旅行代
  • 遠出するのでガソリン代

 

このようなことにお金を使っていることが多いようで、やはり万単位のお金を使うという人が多いようです。
数万円であれば足りないときにカードローンを利用することは、楽しみながらもしっかりお金を返済するのであれば問題なしと言ったところでしょう。

 

消費者金融を上手に利用する

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ